少子高齢化社会に基づき、これからの企業活動を円滑に行っていくためにも求人獲得は企業にとって大きなミッションとなります。
それは、大企業だけの問題ではなく、小さな企業にとっても大きな問題へと変わっていくでしょう。 小さな会社であれば、途中採用をメインに人事活動を行い、大きな企業であれば、途中採用に加え新卒採用を行ってきましたが、大きな企業であれ、小さな企業であれ、その求人獲得が難しくなる事で、経営状況をひっ迫させ大きな問題を引き起こしてくるでしょう。
それはなぜ、人材確保が難しくなったのでしょう。それを紐解くと、小さな会社であれ、大きな会社であれ、人事確保の難しさは、更にヒートアップしてくるでしょう。
また、小さな会社であれ、途中採用にこだわるのではなく、新卒採用にも力を入れていかねばなりません。 弊社では、長年、BtoB企業のホームページのコンサル活動、展示会出展活動を行ってきた経験を活かし求人活動を円滑に行えるようコンサルしていきます。

なぜ、求人獲得活動が難しくなってきたのでしょうか。それは、勿論、少子高齢化社会であり、子供の数が減少したからですが、その他に、現代が「情報社会」である事がもうひとつの原因です。 人がいない上に、情報が氾濫し、嫌でも色々な情報が飛び込んできます。
例えば、「ブラック企業」と言う言葉を耳にしない日がない程、日夜騒がれています。
誰もが、ブラック企業、または、辛いと言われている企業、将来が見え難い企業に入りたいとは思いません。
また、皆さんの会社の情報配信能力があまり優れていないと、求職者に正確に会社の情報が伝わらず「誤解」を受けたり、「理解」されなければ求人獲得には到る事にはなりません。
まず、「情報を作る事」その「情報」の「センス」を磨く事で、求人を適切に獲得出来るようになります。 どんなに人が少なくなろうが、ゼロになる訳ではありません。また、人は、感情があり、動く事もあるのです。
まずは、求人獲得を容易にしていくために、いま一度皆さん自身について考え直してみましょう。

これも全く同じ事が言えます。 求人媒体、会社説明会(求人媒体主催)などは、必ず集客があります。しかし、集客があり、手応えがあるのに、結果に結びつかないのにも、訳があります。
例えば、ビジネス展示会でも、ホームページでも同じような事が言えるのです。 「集客」がある、「手応え」ある、しかし、「結果」に結びつかない、これには、しっかり「原因」があります。 「原因」をしっかり究明しないまま、求人媒体を利用する、会社説明会を行い続けては、やはり結果に繋がる事はありません。
原因を追究して、「駄目な事は、なぜ、駄目なのか、どうしたら良くなるのか」「良いモノは、更に良くするためにはどうしたらいいのか」しっかり考えていく必要があります。

弊社では、創業以来、BtoB企業のホームページの営業支援を得意として業務を行ってきました。
ホームページで営業支援に携わると、企業価値が上がってきます。企業価値が上がってくると、求人もよくなってきます。
また、展示会に自ら出展してみると、ホームページも展示会出展活動も同じような事で、ミスを犯している事に気がつき、結局、求人関係も同じ事が言えてきます。
ホームページも、ビジネス展示会も、求人獲得活動も、更に細かく言えば、普段の営業活動も、企業価値を上げていくにも、「情報の作り方であり」「その作り出す情報のセンス」なのです。 もっと簡単にお話をすれば、「皆さんの会社の見せ方」ひとつなのです。 例えば、ライバル他社の良い所を勝手に評価して、同じ事を導入しても、差別化にはなりません。